髪の毛で頭皮を隠すことが薄毛防止に役立つ

これまで私は頭皮が蒸れることがないよう、気をつけていました。頭皮環境が乱れると薄毛が進行してしまうために、なるべく通気性をよくしようと髪の毛を短く切っていたのです。しかしこのような状況が、場合によっては薄毛を進行させることを学びました。
頭皮内で活性酸素が生じてしまうと頭皮の老化が促されます。そして老化した頭皮は髪の毛を作る力を徐々に失っていきます。そのため髪の毛が弱々しいものとなり、薄毛が生じてしまうのです。もちろんこのようなことは短期間で生じるわけではありませんが、注意が必要です。
頭皮内に活性酸素を生じさせるのは紫外線です。髪の毛を短くすると頭皮に紫外線が当たりやすくなり、これが薄毛を招くことがあるのです。この事実を知ってからというもの、髪の毛を少し長くして頭皮を紫外線から守るようにしています。